中古車の査定で、契約をした後に突然減額

中古車の査定で、契約をした後に突然減額

中古車の査定で、契約をした後に突然減額された、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂をちらほらと聞きます。

 

 

 

車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。

 

売買契約書にサイン、もしくはハンコを求められる前に、現在と取引後の価格に違い(減額)があるのかどうか、正当な理由によって減額する事になったのかなどでどのような対応をすればいいのかは違います。

 

 

 

事情を聞いた後、自分の中で納得する事ができないという時は買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。

 

 

車査定を受けるのにいい時期は、一般的に3月が一番良いそうなのです。

 

 

なぜ、3月がおススメなのでしょうか?それは4月は入学や就職など、車を必要とする人が急増し、中古車市場が大きく動く時期だからです。

買いたいという業者も増え、それに伴って、買取価格も高くなることが多いようです。

 

自動車税の問題もありますから、いずれにしても査定から売却までを3月中に済ませてしまう事がおススメです。

中古車を買う時に気になるのは、年式についてもそうですが、走行距離でしょうね。

 

 

 

概ね中古車の走行距離というのは、年間で1万km程度というのが平均的です。

そのため、10年乗って10万kmくらいが普通の中古車の走行距離になるということです。

 

車の買取業者では名義変更などの仕事を代役しているところが多くを占めます。自分で名義変更の手続きをしようとすると平日に運輸支局まで出向かなければいけません。仕事で多忙だとどうしても難しいものがあるかとは思うのですが、買取業者に売却する場合には、全て委託できるので、気が楽です。

自分の車は事故歴があり、歪んだフレームを直してもらったので、修理歴のある車ということになるでしょう。とはいえ、事故の痕跡はパッと見ただけでは分かりません。

 

業者に買取を依頼する際に修理歴は言わなければならないのでしょうか。

 

 

後からバレたら減額請求などで面倒なことになりそうですし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。

 

 

 

そうしたリスクを勘案すると、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。

 

自動車を手放す際は、、ディーラー下取りがあります。

 

 

 

しかし、ディーラー下取りの場合は、中古車買取業者に引き取ってもらうよりも安くなってしまう場合が多いです。

 

 

 

他にも、オークションに出品するというやり方もありますが、手数料などで損をする可能性が低くないということも知っておく必要があります。

安心で安全な燃費の低い車を希望しているならやっぱりトヨタのプリウスがいいと思います。

プリウスは言わなくても知られているTOYOTAによる低燃費車です。ハイブリッドタイプの王様とも呼べる車です。

 

 

プリウスは外観の美しさも一つの特徴です。

 

 

 

人間工学に基づいて、空気抵抗の流れを計りデザインが工夫されているため、いいものです。一軒一軒実際の店舗に見積もりに行かなくても、同時に複数の会社の査定金額を比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

 

時間的余裕がない人でも、複数の査定がいっぺんに出来てしまうのは素晴らしいですね。

 

 

 

ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、致し方ない面もあるのですが、数ある会社から電話が矢継ぎ早にかかってくる事になるでしょう。

 

そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社があるデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

 

 

 

インターネットで調べてみると、相場サイトを見つけることができます。そのサイトを使えば、簡単に愛車の相場を確認することができます。自動車メーカーの公式サイトによっても、相場を確かめることが可能でしょう。車の買取の一括無料査定を利用することで、相場情報を得ることもできます。

 

 

しかし、あくまで相場ですので、少々金額は前後します。

当然のことですが、人気が高く、需要のある車種は買取業者に査定をお願いしても、高く買い取ってくれることが多いです。具体的に言うと、ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナといった車種は査定額が上がりやすい、人気の車種です。

 

 

 

ところが、買った時には人気のある車種だったとしても、買取をお願いした時には既に、人気が落ちているような場合、対称的に査定結果が下がることもありますから、注意してください。車の下取り価格というものは走行距離により大きく異なります。

 

例えば10万km超えの車だと下取り、査定価格の期待はできないです。

だけど、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、年間で1万km以内の走行距離の車であるなら下取り価格が高価になりやすいです。

 

 

 

過去、走った距離が少ないと車の状態が良いとの判断になるわけです。

 

もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定の額は低くなるでしょう。しかし、事故にあったことを隠しても専門家である査定員には分かるので、マイナスのイメージになります。

もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故車専門の買取業者に査定を申し込むといいと思います。その方がより高い査定金額をつけてくれることも出てきます。

 

 

3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

 

 

 

中古車市場での需要が高まる季節にはつられて買取金額の相場もアップします。そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときがこれらの時期とかけ離れているときには、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。買取店に車を売却する前にしておくべきことは、最低限このふたつに尽きます。

 

最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってないわけではありません。

 

机上調査と対照的に体を動かすこととして、次は掃除です。

外側は普段と同等で構いませんから、内部を徹底的に掃除するのです。拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

臭いがあると査定で減点されるのは間違いありません。車を売ろうとする時に、早々に、お金を受領したいと思うなら、現金で車買い取りしてくれる業者を選択する必要があります。即金買取の業者なら、査定後、車買取契約が成約した際には、すぐに支払ってもらえます。ただし、先立って必要書類を揃えておく必要があります。